朝日中央インターネット法律相談

携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

個人情報保護

8. 主務大臣の権限

(3) 勧告

(イ) 「勧告」とは
  • 個人情報保護法上の「個人情報取扱事業者」に対する「主務大臣」による「勧告」とはどのようなものでしょうか
【 回答 】
  • 「勧告」に関する規定について
    個人情報保護法は、「主務大臣」は、「個人情報取扱事業者」が個人情報保護法の一定の規定に違反した場合で、個人の権利利益を保護するため必要があると認めるときは、当該「個人情報取扱事業者」に対し、当該違反行為の中止や、違反を是正するために必要な措置をとるべき旨を勧告することができると規定しています(個人情報保護法34条1項)。
    そして、上記の「個人の権利利益を保護するため必要がある」と認められるときとは、「主務大臣」が違反状態を放置しておいては、個人の利益が侵害される恐れが高いと判断した場合のことを指します。
  • 「勧告」に従わなかった場合
    「個人情報取扱事業者」が、「主務大臣」からの「勧告」に従わなかったとしても、個人情報保護法は何らの罰則規定を設けていません。もっとも、このような場合には、「主務大臣」から「命令」を受ける可能性が高くなります。

朝日中央グループの裁判実績

朝日中央グループが訴訟、審判等の裁判事件で今日まで成し遂げた裁判実績を掲載しております。
右の「裁判実績」の文字をクリックしてご覧ください。 裁判実績

ご来所法律相談のご案内

当グループではご来所法律相談(有料)をお受けしております。
ご相談内容、ご連絡先、ご希望の日時等を電話、FAXまたはメールのいずれかでお知らせいただきお申込みください。
追ってご連絡させていただきます。
電話 東京 03-3509-1030 大阪 06-6263-2130 横浜 045-227-8031
福岡 092-477-3830 名古屋 052-533-1221 札幌 011-223-2830
FAX 東京 03-3509-1032 大阪 06-6263-2137 横浜 045-227-8032
福岡 092-477-3850 名古屋 052-533-1222 札幌 011-223-2822
メールの方はこちら(SSL対応) メールの方はこちら(非SSL)(携帯電話の方)
*事務所地図は、右の「所在地」の文字をクリックしてご覧下さい。 所在地
*ご相談の内容によってはお受けできない場合があります。又業務繁多によりお受けできない場合はご容赦下さい。

朝日中央グループの顧問弁護士のご案内

朝日中央グループは現在166社との間で顧問契約を締結しております。
朝日中央グループの顧問先の業種は全業種にわたっており、全業種の顧問サービスのノウハウを構築しておりますので、全業種にわたりベストの顧問サービスをご提供できます。
顧問先の規模としては、年商10億未満の企業、個人から年商1兆5000億超の企業まで多岐にわたっており、上場会社から非上場会社、個人まであらゆる規模の皆様に対する顧問法律事務所としての法務 サービスのノウハウを構築しておりますのでどのような規模の事業者の皆様や個人にもベストの顧問サービスをご提供できます。
  顧問弁護士の詳細はこちら

お申込み・ご質問・お問合わせ メールの方はこちら

電話 東京 03-3509-1030 大阪 06-6263-2130 横浜 045-227-8031
福岡 092-477-3830 名古屋 052-533-1221 札幌 011-223-2830
FAX 東京 03-3509-1032 大阪 06-6263-2137 横浜 045-227-8032
福岡 092-477-3850 名古屋 052-533-1222 札幌 011-223-2822
*事務所地図は、右の「所在地」の文字をクリックしてご覧下さい。 所在地
法律・税務・財務の綜合組織事務所(トータルファーム)
朝日中央グループのホームページはこちら