朝日中央インターネット法律相談

携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

契約

9. 契約用語

  • 契約書に「解除」「解約」「合意解除」という言葉が出てくることがありますが、どのように違うのですか
【 回答 】
  • 解除
    「解除」「解約」「合意解除」はいずれも契約の終了について定めた契約条項によく登場する言葉です。
    「解除」は、契約当事者の一方の意思表示で契約をはじめから無かった状態に遡って効力を失わせることです。売買契約の当事者の一方が解除をすれば、買主は買った物を、売主は受領した金銭をそれぞれ相手に返還する義務を負います。解除は法律の要件や契約上の要件を満たした場合に可能になります。
  • 解約
    「解約」は、契約当事者の関係が継続的なものである賃貸借、雇用、委任などにおいて、契約の当事者の一方が将来に向かって契約の効力を失わせ、消滅させることをいいます。継続的な契約関係を解除のように契約前の状態にもどして契約を解消することは困難なので、将来に向かって契約を解消するものです。因みに、民法の620条、630条、652条の「解除」という文言は解約の意味です。
  • 合意解除
    「合意解除」は、契約当事者が合意によって、契約の効力を失わせることをいいます。合意解約と呼ばれる場合もあります。解除や解約が契約当事者の一方の意思表示のみで可能であるのに対し、合意解除は当事者双方の合意が必要です。

無料完全ガイドシリーズのご案内

● 相続・遺産相続のすべてが分かる 相続・遺産相続完全ガイドはこちら
● 遺言のすべてが分かる 遺言完全ガイドはこちら
● 遺留分のすべてが分かる 遺留分完全ガイドはこちら
● 遺産分割のすべてが分かる 遺産分割完全ガイドはこちら
● 非上場株式売却・評価のすべてが分かる 非上場株式売却・評価完全ガイドはこちら
● 民事再生のすべてが分かる 民事再生完全ガイドはこちら
● 自己破産のすべてが分かる 自己破産完全ガイドはこちら
● 任意整理のすべてが分かる 任意整理完全ガイドはこちら
● 倒産のすべてが分かる 倒産完全ガイドはこちら
● 離婚のすべてが分かる 離婚完全ガイドはこちら
● 離婚財産分与のすべてが分かる 離婚財産分与完全ガイドはこちら
● 調停のすべてが分かる 調停完全ガイドはこちら

朝日中央グループの裁判実績

朝日中央グループが訴訟、審判等の裁判事件で今日まで成し遂げた裁判実績を掲載しております。
右の「裁判実績」の文字をクリックしてご覧ください。 裁判実績

ご来所法律相談のご案内

当グループではご来所法律相談(有料)をお受けしております。
ご相談内容、ご連絡先、ご希望の日時等を電話、FAXまたはメールのいずれかでお知らせいただきお申込みください。
追ってご連絡させていただきます。
電話 東京 03-3509-1030 大阪 06-6263-2130 横浜 045-227-8031
福岡 092-477-3830 名古屋 052-533-1221 札幌 011-223-2830
FAX 東京 03-3509-1032 大阪 06-6263-2137 横浜 045-227-8032
福岡 092-477-3850 名古屋 052-533-1222 札幌 011-223-2822
メールの方はこちら(SSL対応) メールの方はこちら(非SSL)(携帯電話の方)
*事務所地図は、右の「所在地」の文字をクリックしてご覧下さい。 所在地
*ご相談の内容によってはお受けできない場合があります。又業務繁多によりお受けできない場合はご容赦下さい。
法律・税務・財務の綜合組織事務所(トータルファーム)
朝日中央グループのホームページはこちら