朝日中央インターネット法律相談

携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

破産・民事再生・任意整理

2. 民事再生手続

(8) 再生債務者の財産の確保

(ト) 否認権とは
  • 民事再生手続における否認権とはどのような制度ですか
【 回答 】
  • 否認権とは
    (1)否認権とは、再生手続開始前に、再生債務者が不当にその財産を減少させるなど再生債権者を害する行為をし、または再生債権者間の公平を害する行為をした場合に、再生手続開始後にその行為の効力を否定して、再生債務者の財産の回復を図る制度です。
    (2)再生債権者を害する行為の否認、相当の対価を得てした財産の処分行為の否認、特定の債権者に対する担保の供与等の否認等、否認権の行使要件は破産法におけるそれと、基本的には、全く同じです。
    (3)その他、否認権のための保全処分や、否認の請求等否認権行使の手続、否認権行使の効果、期間等否認権についての定めは、監督委員による否認権行使の点を除き、すべて破産法の場合と基本的に同じです。
    そこで、ここでは、否認権行使の主体についてのみ以下でふれておきます。
  • 否認権行使の主体
    (1)管理命令が出されて管財人が選任されている場合には、当然、管財人が否認権を行使します(民事再生法135条1項)。
    (2)管財人が選任されていない場合には、否認権は監督委員が行使することになります。この点、再生手続開始決定があった場合には、裁判所は、利害関係人の申立または職権により、監督委員に対して、特定の行為について否認権を行使する権限を付与することができるとされています(同法56条1項)。
    (3)そして、監督委員は、本来、再生債務者の財産の管理処分権を有するものではありませんが、否認権を行使する権限を付与された場合は、その権限の行使につき必要な範囲内で、再生債務者のために、金銭の収支その他の財産の管理および処分をすることができます。具体的には、監督委員は、否認権の行使によって生じた、目的物の返還請求権を行使することができることになります。

無料完全ガイドシリーズのご案内

● 民事再生のすべてが分かる 民事再生完全ガイドはこちら
● 自己破産のすべてが分かる 自己破産完全ガイドはこちら
● 任意整理のすべてが分かる 任意整理完全ガイドはこちら
● 倒産のすべてが分かる 倒産完全ガイドはこちら

メールによる無料法律相談のご案内

遺言の方法と効力、遺留分減殺請求(遺留分の計算方法についての相談は除く。遺留分の計算方法は当グループの遺留分完全ガイドの知識のすべての(3)遺留分の算定をご覧下さい)、遺産分割調停・審判、非上場株式売却・評価、譲渡制限株式売却・評価、反対株主の株式買取請求及び株式評価、不動産の明け渡し請求、法人の民事再生申立、法人の自己破産の申立(法人の自己破産申立に伴う個人の自己破産の申立を含む)、交通事故(死亡事故、重度後遺症事故に限ります)、任意後見契約作成、成年後見申立、土壌汚染、会社合併、信託に関するメールによる無料法律相談をお受けしております。
下記の「メールによる無料法律相談はこちら」のボタンをクリックして、
ご相談内容等必要事項をご入力の上、送信してください。  
メールによる無料法律相談はこちら(SSL対応) メールによる無料法律相談はこちら(非SSL)(携帯電話の方)

朝日中央綜合法律経済事務所グループの裁判実績

朝日中央綜合法律経済事務所グループが訴訟、審判等の裁判事件で今日まで成し遂げた裁判実績を掲載しております。
右の「裁判実績」の文字をクリックしてご覧ください。 裁判実績

ご来所法律相談のご案内

当グループではご来所法律相談(有料)をお受けしております。
ご相談内容、ご連絡先、ご希望の日時等を電話、FAXまたはメールのいずれかでお知らせいただきお申込みください。
追ってご連絡させていただきます。
電話 東京 03-3509-1030 大阪 06-6263-2130 札幌 011-223-2830
FAX 東京 03-3509-1032 大阪 06-6263-2137 札幌 011-223-2822
メールの方はこちら(SSL対応) メールの方はこちら(非SSL)(携帯電話の方)
*事務所地図は、右の「所在地」の文字をクリックしてご覧下さい。 所在地
*ご相談の内容によってはお受けできない場合があります。又業務繁多によりお受けできない場合はご容赦下さい。
法律・税務・財務の綜合組織事務所(トータルファーム)
朝日中央綜合法律経済事務所グループのホームページはこちら