朝日中央インターネット法律相談

携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

交通事故

7. 刑事責任

(ハ) 酒酔い運転と酒気帯び運転の区別

  • 酒酔い運転と酒気帯び運転とはどのように区別されるのですか
【 回答 】
  • 酒気帯び運転
    (1)酒気帯び運転とは、少しでも飲酒した状態で自動車を運転することをいいます。
    (2)そして、道路交通法上、酒気帯び運転が処罰されるのは、酒気帯び運転をした者が、血液1ミリリットルにつき0.3ミリグラムまたは呼気1リットルにつき0.15ミリグラム以上のアルコールを身体に保有する状態であった場合をいうとされています(道路交通法117条の2の2第1号、同法施行令44条の3)。
  • 酒酔い運転
    (1)酒酔い運転とは、酒気を帯びて酒に酔った状態で自動車を運転することをいいます。
    (2)「酒に酔った状態」にあるかどうかは、警察官の質問に対する供述態度や供述内容、10秒間直立していられるかどうか等の身体動作等により判断されます。ある程度の量の酒を飲んでも酔わない人もいれば、ほんの少し飲んだだけでも酔ってしまう人もいるように、酒に酔うかどうかは個人差があるものです。したがって、酒気帯び運転の場合のような一律の基準はありません。人によっては、酒気帯び運転の基準より少ない量しか飲んでいないのに、酒気帯び運転とされることもあります。

無料完全ガイドシリーズのご案内

● 交通事故損害賠償請求のすべてが分かる 交通事故損害賠償請求完全ガイドはこちら
● 調停のすべてが分かる 調停完全ガイドはこちら

朝日中央グループの裁判実績

朝日中央グループが訴訟、審判等の裁判事件で今日まで成し遂げた裁判実績を掲載しております。
右の「裁判実績」の文字をクリックしてご覧ください。 裁判実績

ご来所法律相談のご案内

当グループではご来所法律相談(有料)をお受けしております。
ご相談内容、ご連絡先、ご希望の日時等を電話、FAXまたはメールのいずれかでお知らせいただきお申込みください。
追ってご連絡させていただきます。
電話 東京 03-3509-1030 大阪 06-6263-2130 横浜 045-227-8031
福岡 092-477-3830 名古屋 052-533-1221 札幌 011-223-2830
FAX 東京 03-3509-1032 大阪 06-6263-2137 横浜 045-227-8032
福岡 092-477-3850 名古屋 052-533-1222 札幌 011-223-2822
メールの方はこちら(SSL対応) メールの方はこちら(非SSL)(携帯電話の方)
*事務所地図は、右の「所在地」の文字をクリックしてご覧下さい。 所在地
*ご相談の内容によってはお受けできない場合があります。又業務繁多によりお受けできない場合はご容赦下さい。
法律・税務・財務の綜合組織事務所(トータルファーム)
朝日中央グループのホームページはこちら