朝日中央インターネット法律相談

携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

交通事故

7. 刑事責任

(ニ) 酒酔いや酒気帯び運転をした場合の道路交通法上の責任

  • 酒気帯び運転や酒酔い運転をした場合、あるいは、させた場合、道路交通法上どのような刑事責任を負いますか
【 回答 】
  • 酒気帯び運転
    酒気帯び運転をした者が、血液1ミリリットルにつき0.3ミリグラムまたは呼気1リットルにつき0.15ミリグラム以上のアルコールを身体に保有する状態であった場合、1か月以上3年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられます(道路交通法117条の2の2第1号)。
  • 酒酔い運転
    酒気帯び運転をした者が、運転をした場合において酒に酔って、アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態であった場合、1か月以上5年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられます(同法117条の2第1号)。
  • 酒気帯び運転をするおそれがある者に対する車両の提供
    (1)酒気帯び運転をするおそれがある者に対して車両を提供したため、提供を受けた者が酒酔い運転をした場合、1か月以上5年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられます(同条第2号)。
    (2)酒気帯び運転をするおそれがある者に対して車両を提供したため、提供を受けた者が上記2の状態で運転をした場合、1か月以上3年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられます(ただし、提供を受けた者が酒酔い状態であった場合は上記(1)によることになります。同法117条の2の2第2号)。
  • 酒気帯び運転または酒酔い運転の命令または容認
    (1)自動車の使用者、安全運転管理者等その他自動車の運行を直接管理する地位にある者(以下「使用者等」といいます)が、その業務に関し、自動車の運転者に対し、酒酔い運転を命令し、または、容認した場合、1か月以上5年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられます(同法117条の2第4号)。
    (2)上記(1)の使用者等が、その業務に関し、自動車の運転者に対し、酒気帯び運転を命令し、または、容認したところ、その運転者が、酒酔い運転をし、または、上記1の状態で運転した場合、1か月以上3年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられます(同法117条の2の2第6号)。
  • 酒類の提供
    酒気帯び運転をするおそれがある者に対して、酒類を提供したことにより、提供を受けた者が酒酔い運転をした場合、1か月以上3年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられます(同条第3号)。
  • 酒酔い運転の要求・依頼
    同乗した車両の運転者が酒酔い状態にあることを知りながら、車両を運転して自分を運送することを要求し、または、依頼して、その運転者が酒酔い運転をした場合、1か月以上3年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられます(同法117条の2の2第4号)。

無料完全ガイドシリーズのご案内

● 交通事故損害賠償請求のすべてが分かる 交通事故損害賠償請求完全ガイドはこちら
● 調停のすべてが分かる 調停完全ガイドはこちら

朝日中央グループの裁判実績

朝日中央グループが訴訟、審判等の裁判事件で今日まで成し遂げた裁判実績を掲載しております。
右の「裁判実績」の文字をクリックしてご覧ください。 裁判実績

ご来所法律相談のご案内

当グループではご来所法律相談(有料)をお受けしております。
ご相談内容、ご連絡先、ご希望の日時等を電話、FAXまたはメールのいずれかでお知らせいただきお申込みください。
追ってご連絡させていただきます。
電話 東京 03-3509-1030 大阪 06-6263-2130 横浜 045-227-8031
福岡 092-477-3830 名古屋 052-533-1221 札幌 011-223-2830
FAX 東京 03-3509-1032 大阪 06-6263-2137 横浜 045-227-8032
福岡 092-477-3850 名古屋 052-533-1222 札幌 011-223-2822
メールの方はこちら(SSL対応) メールの方はこちら(非SSL)(携帯電話の方)
*事務所地図は、右の「所在地」の文字をクリックしてご覧下さい。 所在地
*ご相談の内容によってはお受けできない場合があります。又業務繁多によりお受けできない場合はご容赦下さい。
法律・税務・財務の綜合組織事務所(トータルファーム)
朝日中央グループのホームページはこちら