朝日中央インターネット法律相談

携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

交通事故

3. 損害賠償の範囲

(3) 消極損害

(ヘ) 違法収入と逸失利益
  • 自動車事故の被害者が違法行為により収入を得ていた場合、その収入によって算定した逸失利益を賠償する必要はありますか
【 回答 】
  • 自動車事故の被害者が違法行為により収入を得ていた場合に、その収入により算定した逸失利益の賠償が判決によって認められるとすれば、裁判所が違法行為を是認することになりかねません。他方、違法行為といっても、犯罪を構成するものから行政法規違反にすぎない場合までさまざまであり、違法の程度が軽微であって、必ずしも逸失利益の賠償を一切否定するまでには至らない場合もあります。
    裁判実務上も、法律の趣旨や社会的影響等の事情を考慮して、違法性の程度が低い場合は逸失利益の賠償を認め、違法性の程度が高い場合は賠償を否定しています。
  • 窃盗、詐欺、賭博、麻薬の売買等の犯罪行為による収入が逸失利益として認められることがないことはもちろんです。
  • 自動車事故の被害者が、無免許で自動車運送業を行っていた場合に、(1)休業による逸失利益の賠償を肯定した最高裁判例、(2)逸失利益の賠償を全面的に否定する下級審裁判例、(3)逸失利益の賠償を全面的には否定しないものの、減額して肯定した下級審裁判例、(4)逸失利益としての賠償は否定しつつ、慰謝料の算定にあたり逸失利益を考慮した下級審裁判例等があります。
  • 自動車事故の被害者が、無免許であん摩業を行っていた場合に、逸失利益の賠償を否定した下級審裁判例があります。医師法や、「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律」は、医療やあん摩等の行為が国民の生命・身体に重大な影響を及ぼすものであることから、免許制とし、厳格な要件を定めています。このような法律の趣旨からは、無免許者に対しては逸失利益の賠償を認めないとする見解が有力です。
  • 自動車事故の被害者がいわゆるソープランド嬢の場合に、(1)逸失利益を全額否定した下級審裁判例と、(2)同世代の平均賃金程度の収入を逸失利益として認めた下級審裁判例があります。

無料完全ガイドシリーズのご案内

● 交通事故損害賠償請求のすべてが分かる 交通事故損害賠償請求完全ガイドはこちら
● 調停のすべてが分かる 調停完全ガイドはこちら

朝日中央グループの裁判実績

朝日中央グループが訴訟、審判等の裁判事件で今日まで成し遂げた裁判実績を掲載しております。
右の「裁判実績」の文字をクリックしてご覧ください。 裁判実績

ご来所法律相談のご案内

当グループではご来所法律相談(有料)をお受けしております。
ご相談内容、ご連絡先、ご希望の日時等を電話、FAXまたはメールのいずれかでお知らせいただきお申込みください。
追ってご連絡させていただきます。
電話 東京 03-3509-1030 大阪 06-6263-2130 横浜 045-227-8031
福岡 092-477-3830 名古屋 052-533-1221 札幌 011-223-2830
FAX 東京 03-3509-1032 大阪 06-6263-2137 横浜 045-227-8032
福岡 092-477-3850 名古屋 052-533-1222 札幌 011-223-2822
メールの方はこちら(SSL対応) メールの方はこちら(非SSL)(携帯電話の方)
*事務所地図は、右の「所在地」の文字をクリックしてご覧下さい。 所在地
*ご相談の内容によってはお受けできない場合があります。又業務繁多によりお受けできない場合はご容赦下さい。
法律・税務・財務の綜合組織事務所(トータルファーム)
朝日中央グループのホームページはこちら